ビズリーチのCMうざくない?

「ビズリーーーチ」と人差し指を立てるポーズでおなじみのビズリーチのCM。採用担当の上司の心の声を読む、秘書みたいなかわいい部下の女性。このCMが一部SNSなどで炎上しているそうですね。あまりテレビは見ない私ですが、さすがにこのCMは何度か見かけました。私自身、そんなに不快に思うこともなかったんですが、ちょっと気になったので、このCMの何が批判されてるんだろうとちょっと調べてみました。「中途採用でも優秀な人材に出会えます」の「でも」って言い方に引っかかっているかたや、放映回数が多くてひつこいって意見もありました。そもそも、ビズリーチってなに?って思った人もかなりいたので、ここでちょっとご説明します。
まず何と言っても他の転職サイトと大きく違うのは、有料であるという事です。登録すること自体は無料ですが、その後応募するとなると有料会員でないとできません。有料会員も金額の違うタレント・ハイクラウの2クラスが用意されています。
ビズリーチは「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」と大々的に言っている通り、経験やスキルのある年収750万円以上向けです。役員や管理職、高度なスキルをもった人たちがメインの層となります。20代でも一応登録は出来ますが、経験不足やスキル不足を理由になかなか相手にされないようですね。
経済的に余裕があり、今まで働いてきた経験とスキルをもってステップアップしたい人を絞ってターゲットにしています。一般の転職サイトであれば企業側からの案件がほとんどですが、ビズリーチは転職に強いヘッドハンターからの案件が主です。新しく質の高い求人案件を直接聞け、現在の仕事は継続しながらヘッドハンターと相談していくこと、ヘッドハンティングを待つことが出来るのも大きなメリットです。
批判されているようですが、ターゲットを絞った転職サイトで、有料だろうとニーズがあるなら個人的にはいいんじゃないかと思います。「ハイクラス」とか「優秀な人だけ」はやはり批判の的にされやすいですね。