第二新卒は転職に有利なのか。

第二新卒はなぜ歓迎されているのか?と思っている方多いのではないでしょうか?そもそも、第二新卒という言葉にきちんとした定義はありません。世間的には大学を卒業してから3年未満に転職する人の事をいうことが多いのですが、解釈は様々のようですね。転職をする人にとっては、第二新卒は転職に有利に働く可能性があります。なぜなら、第二新卒を欲しがっている企業が多いからです。もしあなたが第二新卒なら、貴重なこのタイミングで真剣に考えてみることをお勧めします。
では、どうして企業は第二新卒がほしいのか。新卒の離職率は3年以内で30%ともいわれています。3人に1人が辞めているとなると、どこの企業もこの第二新卒世代の人材が不足しているんです。これからどんどん人材が不足していくと予想されている中で、若い人材の確保は、どこの企業でも重要課題です。また、第二新卒は、ビジネスマナーの研修などが必要ないため新卒より手間がかかりませんし、かといって経験豊富な中途採用より、その企業の雰囲気になじみやすい柔軟性を持っている場合が多いというメリットがあります。
とはいうものの第二新卒だから誰でも採用という訳ではありません。企業は、どんな第二新卒の人材がほしいのか。それは、「うちの会社に入りたいという意欲の高さ」や「社風に合う柔軟な対応」など、人柄やコミュニケーション能力を重視する企業が多いんです。経験やスキル重視のはずの転職市場でも、第二新卒に関しては、採用基準が低いことも多いのです。つまり、豊富な経験や専門的なスキルがなくても、未経験の業種・職種へのキャリアチェンジや、新卒の時には入社出来なかった業界や企業にもチャレンジできる絶好のチャンスなんです。あなたがもし今の会社ではなくもっと働きたい業種・職種があるのであれば、あなたが第二新卒のうちに転職活動をすると、とても有利に新しい仕事に出会うかもしれませんよ。ぜひ、参考にして頑張ってくださいね。