第二新卒がマイナスになってしまうケース

転職するにあたって、色々調べていると「第二新卒」というキーワードをよく見かけると思います。第二新卒とはなにか。新卒で就職した会社を3年以内くらいで退職して、転職先を探す若い転職希望者のことです。ちゃんとした定義があるわけではないんですが、だいたい大学を卒業して就職した22歳くらいから25歳くらいまでの若者たちをさします。この第二新卒の人たちが就職に有利といった情報を本当によくネットなどで目にします。果たして本当にメリットばかりなんでしょうか。
もちろん、第二新卒ならではの強み、基本的なビジネスマナーなどは習得していること、新卒採用者よりは育成に時間がかからないなどは武器となると思います。また、企業も3年以内で退職する人材があると思いますので、同世代の補充の意味でも採用の確立は上がるかもしれません。
ただ、メリットばかりではないんです。第二新卒は「新卒」という言葉がくっついていますが、実際は中途採用の転職者です。基本的に中途採用には豊富な経験や実績、即戦力になることなどが求められます。新卒の時に、就職活動がスムーズにいき内定が複数もらえた時とは大きく違います。新卒の時はライバルは経験や実績がゼロの学生ですが、中途採用となるとあなたよりたくさんの経験やスキルを持った人たちがライバルとなるのです。
また、企業側からすると第二新卒は「またすぐに辞めてしまうんじゃないの?」という不安が出てしまいます。どこの企業も力のある人間に長く働いてほしいと思っているからです。このイメージを払拭する為には、きちんと自己分析をし、応募企業で自分がやりたいこと、やれること、貢献できることなどをきちんとアピールする必要があります。また、3年後、5年後など将来の展望、自分はどうなっていたいかなどを話すのも有効です。漠然と、「今より収入を増やしたい」や「大手企業で働きたい」といった理由では、中途採用というフィールドで戦うには厳しいと思います。
一度しかない第二新卒の転職。失敗をしないためにも、事前準備をしっかりしてください。