30代の転職、アピールポイントは?

20代をがむしゃらに働いてきて、仕事も一通り覚えて卒なくこなせるようになった30代。30代で転職を考える人たくさんいると思います。世間では28歳くらいまでの第二新卒が転職に有利という事をよく目にします。さて本当にそうなんでしょうか?
未経験でもやりたい仕事につきたい。そう思う30代も多いと思います。正直に言うとやはり未経験の人を採用するよりは、即戦力になりそうなスキルや経験を持った人が採用されやすいでしょう。ただし、そこは30代。30代ならではの強みもあるはずです。
まずは、ヒューマンスキルでアピールしましょう。30代は、違う職業だったとはいえ、ずっと働いてきたんです。第二新卒などの若者よりも社会人経験があります。今までの経験から習得したコミュニケーション能力や対応力、プレゼン能力などをどんどんアピールしていきましょう。
次に、取得した資格でアピールしましょう。転職をしたい業界に有利な資格などがあれば在職中に取得をしておくことをお勧めします。また、転職に有利な資格もあるのでいくつか紹介したいと思います。
どこの企業でも役に立てる行政書士、このご時世英語は出来た方がいいTOEIC、事務系ならかなり有利に働く簿記、金融系に有利なファイナンシャルプランナーなどがあります。また、将来性を考えているのなら福祉系の資格もあります。自分の武器になるものは、たくさん持っておいて損はないですね。
こうやって見ると30代だって転職を成功させることが出来るはずです。また、30代の転職には転職エージェントに登録することをお勧めします。転職エージェントとは、担当の方がついてくれて自分がどのような企業で働きたいのか希望を聞き、あなたに合う企業を紹介してくれるというものです。自分で企業を探すよりもよりマッチした企業に出会える可能性が上がりますし、企業との面接の日程調整や給与面での交渉までエージェントが行ってくれます。また、他人に自分の希望を話すことで、自分を見つめ直したり、希望を整理できたりします。
30代の転職、厳しいこともありますが今までの経験が有利に働くこともたくさんあるはずです。ぜひ頑張ってください。