ヘッドハンターの仕事とは

海外ではメジャーな職業のヘッドハンター。日本では意外にもその職業に馴染みがなく、実態がよく分かりません。今日はそんな日本におけるヘッドハンターについてお話させて頂きます。
ヘッドハンターといっても、その実力はハンターそれぞれです。長年の経験やコネクションを武器にしている凄腕ヘッドハンターから、人材会社で働き始めたばかりのような新人ヘッドハンターまで。転職という人生ですごく大事な決断をする訳ですから、少しでも有能なヘッドハンターとの出会いが非常に大切です。
そもそも人材紹介とは二つのパターンに分類されます。登録型といって、リクルートやインテリジェンスなど名の知れた大手はだいたいこのパターンです。もう一つが、サーチ型と呼ばれるものです。高いレベルのノウハウやスキル、経験を持った人など、企業が探すのが難しい人材を探すのがサーチ型です。ヘッドハンターはこちらのサーチ型に分類されます。自分のネットワークやノウハウを使って人材を探し声をかけ企業に紹介する仕組みです。
では、どのような人がヘッドハンターから連絡があるのか。
一つは、企業からあなたを名指しして「引き抜いてほしい」とリクエストがあった場合です。ライバル会社からの引き抜きを手伝うなんてこともヘッドハンターの仕事です。最初のコンタクトの時には、なかなか企業名などは言わないので怪しいなと思うかもしれませんが、こんな時は少しでも多く情報を聞き出してみて下さい。優秀なヘッドハンターなら短時間であなたが興味を持つように話をしてくるはずです。
もう一つは、あなたのデータがほしい場合です。人材紹介会社はとにかく豊富な情報が欲しいんです。自社のデータベースにあなたを追加したいために、ヘッドハンターを名乗り、こんな誘いがどこそこの企業からあなたに来ていますと電話やメールをしてきます。そこで、あなたの職務経歴などの情報を聞き、良い案件があればまた電話しますといった感じで、その後一切連絡がこないといった手法です。
一つ目のあなた指名で連絡があった場合は、ヘッドハンターと会う機会を設けてみても損はないのではと思います。